☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績


☆彡日本国内でのレーシック実績
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。




☆彡日本国内でのレーシック実績ブログ:2017-08-21

2歳になるムスコは
ちょうど言葉を覚え始めたところで、
その少ない語彙でなんとかしゃべってやろうといつも必死だ。

きのうのこと。
ムスコが
「おかあさん、きょう、ゆーふぉーみた」と語りだした。

あまりの唐突な話に、
あたくしは高鳴る胸を手で押さえながら
ゆっくりとムスコに問う…

「ゆーふぉーみたの?どこで~?」

「こうえんで。たんぽぽぐみのゆうすけとーはるきとーさとみせんせいとーみた」

時々語尾を伸ばしては
一生懸命そのときの情景を思い出すように話すムスコは
さらにこう続けた…

「ぐるぐるーって、ぐるぐるーって」

口をすぼめてそう言いながら、
脂肪のたくさんついた小さな手を丸めて円を描いている。

あたくしはさらにムスコに問う。
「ゆーふぉーに誰か乗ってた~?」

「うん、のってたよ」

「誰が乗ってたのかな~?」

おそるおそる聞くあたくしに
ムスコは元気いっぱいに答えた。

「おじさん2ひき!」

抱腹絶倒!もうサイコー!
オモシロすぎて少々記憶が飛んだほど…

24時間中、お子さんの父母になって幸せだ!!という
この上ない幸福感をあたくしはかみしめていた。

翌日、保育園の先生に衝撃の事実を明かされ、
あたくしの幸福感は至福に変わる。

ムスコが公園で見たモノは、工事現場で働く車や人たち。
「ゆーふぉー」ならぬ「ユンボー」で、
確かに作業員の男性が2人乗っていたそうな…

なんというおかしさ!
ムスコは笑わそうなんて思ってないから、
それがピュアなおかしさを引き出す。

そして、どんでん返しまでおかしかったから感動すらした。
こんなに自然に、
こんなに心から笑うなんて大人になってからあっただろうか。

あたくしがあんまり笑うもんだから
首をかしげていたムスコも楽しくなってきたようで
ケラケラ笑った。
☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績

★メニュー

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか
☆彡サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
☆彡レーシック手術の割引制度を有効活用
☆彡100%失敗しないとは限りません
☆彡もうコンタクトレンズは必要ありません
☆彡レーシックの手術方法を理解しよう
☆彡日本国内でのレーシック実績
☆彡安全性の高いレーシック手術
☆彡大切なのはレーシックの実績数
☆彡レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力回復が現実になる最新のレーシック